スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然形体療法 治癒理論40か条 【第3条】

自然形体療法の創始者 山田 洋先生の

治癒理論40か条を紹介します





第3条 筋肉や神経は、呼気で牽引すると弛緩する。


筋肉には緊張して牽引する能力しかありません。組織が柔軟な構造になっていて押す力を持たないため、それ自体では弛緩することができないのです。

そこで身体にはひとつの筋肉に対抗する「拮抗筋」というものが必ず備わっています。

例えば、腕を曲げる時、内側の筋肉は緊張し、外側の筋肉はそれに引っ張られて伸びます。

反対に伸ばす時は外側の筋肉が緊張し、それに引っ張られて内側の筋肉が伸びます。

これが拮抗筋の正常かつスムースな関係で、意識しなくても条件反射として、自然と機能することがポイントです。

ところで末梢神経のひとつである自律神経も、同じような条件反射のメカニズムを持っています。自然形体療法ではそれを利用して治療を行います。

自律神経は生体の意志とは無関係に、内臓や血管、腺など諸器官の機能を自動的に調節する神経系です。交感神経と副交感神経の2種類があり、両者はひとつの器官に対して拮抗的に作用しています。

交感神経は末端からアドレナリンを分泌し、心臓を活発に働かせて筋肉を緊張状態にするのが特徴です。一方でその他の内臓は休息状態になります。

副交感神経は末端からアセチルコリンを分泌し、交感神経とは反対に心臓の活動を和らげて筋肉を弛緩させ、その他の内臓の働きを活発にします。

呼吸においては吸気(息を吸うこと)は交感神経の働きで、呼気(息を吐くこと)は副交感神経の働きです。自然形体療法ではこの呼吸を利用して、自律神経の正常化を図ります。

つまり患者さんが息を吐いている時、身体の筋肉や神経はほぐれる方向に働いていますから、その間に手法で筋肉や神経の弛緩を助けるようにするわけです。

以下省略




当院は癒し系の整体ではありません
一般によく言われる治療系の 数少ない療術院です


原因不明の痛み  どこへ行っても改善されない痛み 
お悩みの方は どうぞお電話ください

初めての方も安心な痛みを伴わない療法です
011-699-6797 へ ご相談ください
痛み和らぎ 回復院じゅげむ 寿限笑夢  ← HPはこちらをクリック


札幌市中央区大通西16丁目3-32 大通ハイチ2F
地下鉄東西線「西18丁目」駅5番出口より徒歩1分

札幌市中央区 札幌市北区 札幌市東区 札幌市白石区 札幌市厚別区
札幌市豊平区 札幌市清田区 札幌市南区 札幌市西区 札幌市手稲区
千歳市 小樽市  岩見沢市 旭川市 苫小牧市 美唄市 北見市
虻田郡 空知郡 夕張郡  東京都 千葉県 兵庫県 からも多く来院しています

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています クリックお願い致します


スポンサーサイト

ご訪問ありがとうございます

回復院じゅげむ・HPはこちら
回復院じゅげむ・症例ブログはこちら
噂の健康枕・健康グッズはこちら
中居オーナーブログはこちら

〒060-0061
札幌市中央区南1条西16丁目
1-13 みつわビル4階
(医大前中小路)
TEL 011-699-6797
携帯090-2691-4976
営業時間10:00~20:00
【最終受付19:00*不定休】

QRコード

QRコード

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。